RECYCLE サーマルリサイクル 使い終わったウェアを、今度は熱エネルギーに。

ここがエコトーク

様々な用途に使われる繊維製品ですが、これらを回収して、エネルギー源として有効活用するのが、サーマルリサイクルです。 例えば、使用済みのユニフォーム。ポリエステルに綿やウールを混ぜた複合素材が主で、ボタンやファスナーなどの付属品も多く、生地も傷んでいたりして、再生繊維にするのは、難しいものがあります。

これらの製品を回収して、ボイラーの燃料として再利用するのが、サーマルリサイクル。使用済みの繊維製品を固形燃料化し、発電用ボイラーの燃料として利用することで、CO2の排出量を減らし、地球温暖化防止に貢献します。

2回目のリサイクル。再々利用を図る、サーマルリサイクル。

ウエアを回収

商品を分別した後、金属類などの不燃物を除去。
※可燃物で回収対象外のものもあります(・塩素、臭気を100ppm以上含有するもの・いわゆる重金属類など)。

これを破砕、減溶・圧縮し、固形燃料化。

廃プラスチック類をはじめとする工場からの廃棄物をエネルギー源として再利用するため、固形燃料化(破砕減溶固化)設備を設置。これは廃棄物を集めて破砕し、それを固めて処理を施し、直径5cm程の石炭状の塊にして固形燃料とします。

多目的ボイラーに燃料の一部として投入・燃焼。

工場の自家発電に利用する多目的ボイラーに投入し、石炭と混ぜて補助燃料とします。多目的ボイラーは、高温で安定運転するため、問題となっているダイオキシンを発生せず、天然資源である石炭の使用量減、CO2の排出量削減などの効果をもたらします。

熱エネルギー