RECYCLE <ケミカルリサイクル> 原料レベルまで分解。広域認定取得で、エコトークリサイクル実現。

ここがエコトーク

ケミカルリサイクルは、新日鐵住金(株)とクラレトレーディング(株)が共同で行うケミカルリサイクルシステムです。 当社が製造・販売した繊維製品の中で不要となったものを、民間や官公庁などの事業所から回収。当社リサイクルセンターで回収繊維製品を破砕機で破砕物にした後、新日鐵住金(株)君津製鐵所に搬送します。

当社は、回収、事前処理、搬送という回収システムを稼働させるため、環境省から広域認定を取得しました。 事前処理工程を施された回収繊維製品は、新日鐵住金(株)のコークス炉で「コークス炉化学原料化法」により、原料レベル(炭化水素油、コークス、ガスなど)まで分解。これらを、再商品化・有効活用していくものです。

低炭素社会をめざすケミカルリサイクル

コークス炉化学原料化法

ケミカルリサイクルは、環境省の再生利用認定を取得した高度なプラントを使用するシステムです。繊維製品の素材やボタン・ファスナーなどの副資材に、合成繊維、合成樹脂を含むという条件が合えばよいため、様々な繊維製品をリサイクル対象にすることができます。繊維製品全般を対象とした広域認定は、業界でも初めてのことです。

回収、事前処理、搬送、炭化水素油・コークス・コークス炉ガスへの再生というケミカルリサイクルは、低炭素社会に向けての大きな提案だと考えます。 ユニフォームからスタートし、学童の体操着回収も実現。これからも、多種多様な繊維製品に応用・拡大していく予定です。

リサイクルセンター正面
リサイクルセンターでの配送
  • 広域認定制度を使用した回収システム 広域認定 第104号
  • リサイクルするウエアにほとんど制約がない。綿高率混でもリサイクル可能。
  • 残さ(廃棄されるもの)が少ない効率的リサイクル。
  • エコマーク(使用後回収・リサイクル衣服)対応。

  NEXT