密封革命 Anylock ピタッと密封、これ一本。CO2排出削減をキッチンから。

ここがエコトーク

食べかけのお菓子や使いかけの海苔やかつお節、一度に食べきれない漬け物など、いつも保存はどうしてますか?輪ゴムで留めたり、別の袋で二重にしたり、他の容器に移したりと、面倒です。そして、一番気になるのが、湿気や臭い移り。

湿気ちゃった!くさ〜い!よくある経験ですね。

<エニーロック>は、商品の袋をそのまま使って、そのまま保存。簡単に、ピタッと密封できるスティック状の袋止めです。私たちは毎日の生活の中で、ポリ袋やポリ容器を何気なく大量に消費しています。<エニーロック>なら、わざわざ別の袋や容器を使う必要がありません。とても身近で、取り組みやすいeco活動です。

<エニーロック>は、こうして使います。

袋の口を2つ折りにする。

使いかけの商品の袋の口を、2つ折りにします。
※キッチリ折るとやりやすいですよ。

<エニーロック>を差し入れる

<エニーロック>の突起部分(中芯)を、袋の折り口に少し(2cmくらい)差し入れます。

奥に向かってスライドする。

ホルダーを持って、スーッと奥へスライドさせます。密封完了!
※スライドさせにくい時は、手で袋を押さえながら動かしてください。

袋から外す時は、<エニーロック>を持って、反対方向に引き抜いてください。

 

密封の秘密は、二重構造

<エニーロック>は、ホルダーと、中芯の二重構造。
このスキ間に、折り口部分が入っていくことで、ピッタリと密封できるのです。

  NEXT